スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦手な人・合わない人

  

日々、人と関わる中「何となく、あの人苦手・・」「波長が合わない・・・」等と
何処に行っても出会い?ますよね
苦手意識や嫌悪感は素直な感情なので分かっていても変えられないのが本音ですが、
プライベートなら関わらなくても済みますが、職場ともなれば正直な感情のまま接すると
職場の雰囲気も悪く、仕事もスムーズに運びません。

そもそも、合わない人とは
価値観の違い・常識感の違い・波長が合わない・生理的に合わない等々、ありますが
自分が相手に対し苦手だと思っていれば大概、相手も同じく貴方の事を苦手と思っています。人間関係は鏡です。
無理をして相手に合わせる必要はないと思います。苦手から嫌悪に変わります。
会社で顔を合わさなければならない相手であれば社会人としての挨拶、職場内での報連相等を弁え、果たす必要はあります。仕事がスムーズに捗るよう必要最低限の会話はしましょう。
以外の会話は自ら敢えてする必要はありません。
但し、無視だけは止めましょう。相手を刺激し逆上させると倍の力で振り向かせようと接して来ます。嫌がらせにもなり兼ねません。
出来るだけ普通で接しましょう。

感情を殺し相手に合わせようとすると心身の不調を来します。自分の感情は否定せず、出来るだけ距離を置くと良いでしょう。

自分に合わない人は何処に行ってもどのような環境にもいます。
相手を変える事は至難の業であり無理と思った方が良いでしょう。無駄な努力に?なります。
自分自身の気持ちの持ちようで少しは楽になります。
相手の感情に振り回され相手に呑み込まれない。相手のする事に気を集中しない。
相手のやる事全てが嫌になり自分自身が疲れてしまいます。
反面教師だと思い
・この人と接し自分が成長できるか
・自分にはない経験や知識を吸収
・自分が嫌だと感じた事を他の人にしない・気持ちの余裕があれば相手の良い所を見つける(全体を見ず一部を見る)
完璧な人間などいない、こんな人もいるのだと客観的に捉えましょう。
どうしても無理な場合は良いように思われる必要はないと割り切るのも、ひとつです。
少しでも気持ちを楽に過ごしたいですね

本日もブログを読んでいただきありがとうございました

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。