スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己肯定を高くもつ


人と比較をして自分を否定したり、自分は劣っていると思い込み自分自身に対し自信を失うのは精神的にも辛いものです。
自己否定の強い人の特徴として幼少期に親から「何をやってもダメ」「もっと良い成績が取れないの?」等、頑張っている自分を受け止めて貰えず、また認めて貰えないところから始まっています。

親は一番、身近な存在であり親に喜んで貰いたいと子供は期待するのですが、
その気持ちを余所に、日々、自分を否定され続けると自信をなくしトラウマとして抱え成長します。
かと言って過去に戻り自信を持たせてくれる親に出会いたかったと思いますが
残念ながら現実的には無理ですよね。

親と言う存在は宿命なので変えられません。だったら、自分が変わるしかありません。
大人になってからも何時までも親に責任転嫁するのは好ましくありません。

自己肯定が低いと・・・自信が持てず何をしても失敗しやすく臆病になってしまいます。
一つの小さな失敗を切っ掛けに全てが嫌になり自分の人格までも否定し兼ねません。
自罰的で自分を責めてしまいます。
また、自分を認めて貰いたい(承認欲求が強い)一心で、人の話を聞かず自分の思いばかりを述べて無理にでも自分を認めて貰おうとします。
自分のしたい事より人からの評価を意識してしまいます。

自信を持ち自己肯定出来るには・・・
些細な事や自分の得意な事から成功を積み上げて
行くと良いでしょう。
成功体験の積み重ねです。その事によって徐々に
自信が持てます。
また、共感してくれる人や自分を認めてくれる人と付き合うと自己肯定感が高まります。


自己を否定されていると感じる発言を人からされても、客観的に人生の勉強、次へのステップと思い、
マイナスに考えない事も大切です。難しいようであれば一旦、距離を置き自分を認めてくれ共感度の高い人と
過ごす事も有効です。

自己肯定感が高まると自分に自信が持て相手に対する心の余裕も出てきます。
自分も相手もプラスを見つける事が出来ます。

ありのままの自分を受け入れ、解放し、出来る事から始め自信を持ち楽しく過ごしたいですね。

本日も最後までブログを読んで頂き有難うございました
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。