スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事を辞めないで(親の介護と更年期)



本日は「親の介護と更年期」について少しお話させて頂きます。
「仕事をしながらの家事に介護、いつ解放されるのだろう・・」
「一向に心身の休む暇がない・・」等
このようなお悩みを抱えておられる方が非常に多いのではないでしょうか。

更年期については誰もが通る道ではあるものの症状も人によっては日常生活に
支障を来たす方から知らない間に通り過ぎていたと言う方まで様々です。
特に真面目で几帳面な方が顕著な症状が出るとの報告が多いようです。
自身の体調の変化と同じ頃に自分の親(配偶者の親)の介護と時期が重なり心身の負担が大きく圧し掛かって来ます。
何事も一人で抱え込まない事が大切です。鬱になり兼ねません。

介護をするために仕事を辞める「介護離職」も最近、社会問題になっています。
要介護者の方であれば介護保険サービスを受けられる事で一人抱え込まなく
サポートして貰う事で心身の負担は軽減されます。
(要支援の方も可能です。詳細については役所の介護課や地域包括センター、ケマネージャー等が窓口、相談に載ってくれます)

職場を辞める事は最終手段として少し横に留めておかれた方が賢明です。
何故なら、生活が介護一色となるからです。
先が見えない介護生活は時には孤独を感じます。



完璧を求めていると必ず息切れが生じますし、「○○しなければならない」との思いは
強いストレスを招き時には相手に憎悪さえも抱いてします。適度な息抜きが必要です。


身近に相談できる人がいれば話を聞いて貰ったり共感を得る事で自分だけではないと幾らか重荷も軽くなるでしょう。
一人悩まれずご相談ください。


本日もブログを読んでいただきありがとうございました。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。